スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーミッシュの学校

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 25.2010 アーミッシュの村
sc11.jpg


アーミッシュの村の中には、学校が多い。
農地が広いので、農家というのはポツポツで隣と隣の距離がすごく空いているのに。その割に、学校の数が多い気がする
一所帯の子供の数が多いのもあるし、一つ一つの学校が小規模なのも理由であろう。
少子化問題もアーミッシュのコミュニティには無縁だし、学校が廃屋になる心配もない。
写真は、平均的なサイズの学校。
中には、もっと小さな小屋みたいな学校もある。


sc22.jpg


アーミッシュの教育期間は8年間のみ。
高等教育は基本的に禁止されている。なぜならば、人間は勉強して余計な知識を身につけると傲慢になると信じられているから。
8年のみの学校教育で、アーミッシュの生活には十分だとされている。

彼らは生活の中では、ペンシルベニアダッチという高地ドイツ語の一派の方言を使う。
これはドイツ人が聞いても理解出来ない言語であり、現在はアーミッシュたちだけが操る言語とされている。
彼らがこの言語を話し続けるのは、外の世界との間に壁を作るため。外の人間(イングリッシュ)を元々信頼していないため、イングリッシュたちが分からない言語を持ち続けないといけない。

数百年と同じ生活をこのアメリカで維持し続けるのなんて、普通は大変なことである。ちょっと行けば一般人が住むエリアがあり、現代アメリカの文明が溢れているのである。
頑固な精神が無くては、この生活やコミュニティは守れない。
外の世界と完全遮断する固い決心も姿勢も、平和的な彼らの中にしっかり存在する。

だが、「外の世界」とのコミュニケーションのために英語は必要。
学校に入ってから英語は習う。
ちなみに、8年の学校教育でしか英語は教わらない彼らだが、大人たちも高学年の子供たちも皆流暢に英語は喋る。
ドイツ人が話す英語の訛りにちょっと似た、ペンシルベニアダッチ訛りの英語であるが。
しかしテレビから入る英語は当然無いので、スラングも無いし、子供の英語も一般アメリカ人の子供たちが話す英語とはかなり違う(一般アメリカ人の子供の方が、余程分からない英語を喋る)。
なんだか逆に落ち着いているというか、お行儀のいい英語なのである。


sc33.jpg

生徒たちは徒歩や自転車で通学する。夏には裸足で通学する子供も沢山居る。

これはバギー(馬車)や馬用の舍であるが、学校が使われていない時はコミュニティの集会所などにも使用されるから。
彼らの建物は全て多目的用。 室内は至ってシンプルで余計な物は一切無いから、何にでも使われるのである。


ss44.jpg

これは男子用のトイレ。トイレは外にある。


sc55.jpg

これは井戸ポンプ。 もちろん健在。

手を洗ったりするのはこれ使用。 果たして飲み水にもなるのだろうか??


sc66.jpg

これは結構大きい方の学校。
訪れたのは日曜日なので誰も居ない。

以前訪れたときは平日だったので、この校庭に賑やかに子供たちが遊んでいた。
クリケットと野球の混ざったようなスポーツを、男の子も女の子も一緒にやっていた。

フェンスの外からしばらく見ていたのだが、ベルが鳴って皆教室に戻って行った。
すると窓の中から子供たちがこっちを見ていて、手を振ってくれた。
あ。。。ちゃんと校庭からこっちも見られていたのね(笑) 

アーミッシュの子供たちは、大人たちからきちんと「外の世界との接し方(干渉しないこと)」やアーミッシュの掟を教わっているので、大人たちと同じように一般人に興味をしめしたりはしない。
違う格好の人たちが車に乗って生活していても、なんら関心を示さない。
世界を旅するとやたらとフレンドリーで、旅人にわあわあ言って笑顔で群がる子供たちが居る国もあるが、決してそんな事は起こらない。
子供のうちから、しっかり外の世界との間に境界線を引いているのである。

だからと言って無愛想な訳ではなく、すれ違うと挨拶をきちんとする所は大したものなのだ。
子供というのは、躾によってこんなに出来がよくなるのね。。(笑)と、行儀が悪くてうるさい多くのアメリカの子供たちを見慣れると、心から深くしみじみ思うのである。
アーミッシュの子供たちは、大勢で公の場に居ても、本当に静かである。


sc77.jpg


Jeanne d'Arc Photography








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。