料理

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 06.2017 日々あれこれ
hashbrownfriedeggs1.jpg


私はもう一つ料理ブログ、アメリカ・多国籍食堂もやらせていただいている。
料理ブログといっても手の込んだ料理ではないし、きちーんと分量を細かく記載したレシピブログでもないのだけれど。

料理ブログを始めたのは、ちょうどその前に仕事で忙しい時期が長い間続き、料理どころかきちんと食事をする時間が取れなかったことがきっかけ。出前のピザを食べながら仕事をするのはまだマシな方だ。翌朝、頼んだピザの存在を忘れて、手つかずのピザの箱をテーブルの上で見た時、「ああ〜!!こんなんじゃダメだー。料理してえ〜〜!!」と心からマジで思った。 一段落したら思いっきり料理するぞー!と心に決め、その日を楽しみに楽しみにして大仕事を終えた。
ブログを作れば、ある程度更新しないといけないから、言い訳せずに作ることになるだろう、というのが当初の目論見。

ブログを始めたからには「3年はとりあえず続けよう」と決めていた。更新するときとしないときと差が激しいものの、なんだかんだと、すでに4年半が経つ。
何かに集中するとダーーーッッッと続け、しばらくすると飽きてパタッとやめる。。。。という私のものごとのサイクルからすると、ずーっと続くことはないにしても、まだもう少し続きそうだ。。。それどころか、作れば作るほど作りたいものが出てくるので、まだまだ当分終わりそうにない。


nasigoreng1.jpg



私の人生で、料理の最大の源は三つある。
まずはもちろん、母の手作り料理。母は料理に手を抜くことはなく、よくも毎日、家族のためにいろんな料理をたくさん作ってくれたものだ。冷凍食品やコンビニ弁当など加工食品を買うことに今でも抵抗があるのは、母のおかげ。

外食三昧をしていた若い頃の経験も大きい。あちこちの店に連れていってくれた知人、友人、恋人たちに感謝。私が食べるのが好きだから、付き合う人も同じく食に貪欲さんが多かった。食事というのは素材だけが重要なのではなく、会話も含むシチュエーションが味に大きな役割を果たすことを体感できたのも彼らのおかげ。

そして三つ目は、世界中の旅先で出会った料理の数々。
旅が好き。文化が好き。料理は基本的な文化財産であり、偉大な芸術。
どこに行っても1日最低三食。2品ずつ食べたとしても一日6品。1ケ月一つの国に滞在すれば、180品くらい食べるわけだ。同じ種類でも店や地域によって味が変わる。美味しくても美味しくなくても、口に合っても合わなくても、旅先で口にした料理の数々は人生の中で最大級の財産。
どこの国でも市場に行くのが好きだが、見慣れない異国の市場の品々は、「食べたい」というよりは「これを使って料理してみたい」という気にさせてくれる。
だが旅の間は、沢山の物を胃袋に詰め込んで味を覚えても、自分で調理する機会が全くと言っていいほどない。


orangebiscotti3.jpg


私が作る料理は、大きく二つに分かれる。
「工作」としての料理。素材の組み合わせをあれこれ考えるのは楽しいし、気分転換にもなる創作活動。しかも、どんなに作っても作品はたまらず、作っては消えていくので置き場にも困らない。非常にアイディアル。

もう一つは、今までに食してきた美味しい料理の数々の再現。
ブログ名を「多国籍食堂」にしたのは、旅の先々などで食べてきた料理を、記憶に頼りながら作ろうと思ったから。しかもアメリカの大都市にはエスニックタウンが沢山あり、世界中の様々なスパイスや野菜も手に入る。実現可能なのだ。
ただ「美味しい、美味しい」と現地で食べていた料理の数々も、実際に作ってみると改めて学ぶことも多い。その国の気候や伝統、宗教や文化や歴史まで、料理を通じて知ることも多々ある。単純そうに見えていた料理の、実は複雑なスパイスの組み合わせ。原料を知るとますますその料理が愛しくなる。
東南アジアで欠かせない野菜が、中南米でも同じように重要な役割を果たしていたりする。地球上でこんなに遠く離れたところでの接点の不思議。全く同じ野菜でも、使用されるスパイスの違いで、アジアの香になったりカリブの香になったりする。
その味の一つ一つで、旅の記憶がはっきりと蘇ってくる。写真を見て思い出すのよりも時に強烈だったり。
何しろ、旅している間って、忘れていても毎日結構しっかりと食べているのである、何かしらを。体に染み込んだその記憶。

人間にとって「食べること」は排泄行為と同じ。食べなければ生きていけないから食べる。
一方「料理すること」は、かなり余計で贅沢で無駄な行動ともいえよう。料理は読書や芝居や作曲や執筆みたいに、生活する上で最低限のことではない。人間って七面倒くさく、そんな「無駄なこと」で狂喜したり感動したり落胆したりしながら生きていく生き物なんだから、それは大いに楽しんだ方がいい。
料理は偉大な文化。ビバ!文化!

料理ブログを始めて4年半だが、先日数えたら、載せた料理の数は今の所400ちょっと。全く同じ料理は載せていない。
結構載せたつもりでも、今まで食べてきたものの数には全然匹敵しない。「食べてきた」ということは、誰かに作ってもらったもので生きてきた、ということ。家族や知人、レストランや食堂の顔の知らない料理人。 圧倒的に、自分で作るよりも誰かが作ったものを食べてきたことの方が多いということに気づく。

テレビ番組SMAP×SMAPが20年9ケ月で終了したと聞いたとき、ではあのビストロスマップで作った回数は幾つになるんだろう?と思ってしまった。
軽く計算しても、一人800〜1000ディッシュを番組で作ってるんだよね。しかもかなり凝ったものを。
プロのコーディネーターがいて打ち合わせがあって、高級素材が用意されて、かなり条件のいい調理環境とはいえ、プロ並みの料理を毎週自分の腕で作っていたら上達するのが当たり前。彼らは相当の腕前のはず。仕事とはいえ、800や1000の全く違う、世間にお披露目できるディッシュを作るってすごいこと。
あんなに凝った料理は無理としても、継続は力なりを信じて、800とか1000を目指して料理ブログも頑張ろう、と思うのであった。SMAPのおかげで目が覚めましたよ(笑) ちゃんと作らないとなあ。


roastedtomatobreadsoup2.jpg


そうそう。料理ブログを始めてから一つ克服したことがある。
私は料理は好きだし得意な方でもあったが、一切デザート系が苦手であった。というか、基本的に作ったことがない。
お菓子というのは軽量をしっかりぴったししないと膨らむものが膨らまなかったり、固まるものが固まらなかったりする化学の世界。「適量〜」で済む料理とわけが違う。そこが性に合わないのだった。
だけど、スイーツは食べるのは大好き。だったらやっぱり自分で作らないとなあ、と。それもアメリカ在住というのが背を押した。なぜなら、アメリカのスイーツは甘すぎて口に合わず、美味しいものが身近にない!日本やヨーロッパとは勝手が違う。恵まれていない環境というのは、時に創造の神となる。
「性に合わなかった」お菓子作りをするようになると、性格が逆に変わってくる(笑)。それまでいろいろなことを「待てなかった」人だったけれど、忍耐強くなった(笑)。目に見えるように物事が変わっていくのを確かめたい人だったけれど、「放っておいて大丈夫」と思えるようになった。ケミストリーを信じられるようになった。

こちらのブログが滞りがちになってしまっておりますが、こちらもまだまだ続けます。書きたいことはいっぱいあるのです!!
「アメリカ・多国籍食堂」共々、今後ともどうぞ宜しく。
最近のメニューは、カーポウ(台湾風バーガー)目玉焼き入りハッシュブラウン卵バインミーチェリートマトのブレッドスープ鶏肉のフォーなどなど!!



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon




スポンサーサイト