「友達」の定義

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 14.2017 人いろいろ/人間
shinyuuto.jpg


「友達」の定義は人それぞれある。この定義がそれぞれ違うものだから、同じ日本人同士で同じ単語を使っていても、会話で誤解を生んだり、相手の言うことが分からなかったりすることがよくあるのだ。

私の「友達の定義」。
まず、ご飯を一緒に食べたことがない人は友達とは呼ばない。打ち合わせとか仕事がらみではなく全くのプライベートで、二人で何度か食事に行ったことのある間柄は友達だろう。
友達とは基本サシで話が色々進む人。私は気の合う人とは二人きりで話をすることを好む。多くても3人まで。4人以上はパーティだ。
パーティというのは社交とか付き合いで、社会生活には必要なことだろうが、そこにいる誰かさんたちは「知っている人」かもしれないが、友達ではない。
同じパーティでも、そこにいる人たちそれぞれと、二人きりで何処かに行ったり食事をしたことがある人たちで、そんな彼らがたくさん集まった場であるならそれは最高だ。二人や三人の時間とはまた違う濃い時間が流れる。
4人以上のグループで「しか」食事したことのない人は、友達ではなく「友人」である。私は、「友達」と「友人」を区別しており、「友達」は親しい相手、「友人」とは友達の友達を含めた、「知人」よりはプライベートのおつきあいのある人たち。

サシで何度か食事に行ったことのある相手。一度や二度でなく、何度か。それは楽しいから「また会おう」ということなわけで、一緒に食事すると美味しいから何度も会うわけで、何度あっても話が楽しく尽きない人というのは友達なのだ。私にとってはこれ大事。
だから、「友達」と呼べる人はそうたくさん入るわけではない。たくさん欲しいとも思わない。たくさんいないからこそ、「友達」という言葉も大切に使う。大切に使いたい。
「彼氏」という言葉を自分の恋人にだけ使うように、「友達」と「ただ知り合った人」を同じにしては「友達」に失礼だもの。

「誰それと友達になった」という言い回しを使う人がいるのだけれど、これがよく分からない。こういう風に言ったことがないから聞くたびに違和感を覚える。
「友達になった」をよく使う人は、「誰それとお友達になりたい」とよく願う人なのだろう。友達が欲しい。あの人とお友達になりたい。だからその人と話ができたり、その人に自分を知ってもらえると、「友達になった」と言うのだろう。申し訳ないが、なんだか気持ち悪い。だって、「友達」って「結果の状態」だと私は思うから。誰かさんと知り合って、話が合うからよく食べに行って、楽しかったからまた会って、そんなことがしょっちゅうある時もあれば、頻繁でなくても定期的になんだかんだと続いて、やりとりして、気づけば何年もそんなことしている。そんな時、その人は「友達なんだな」って思う。知り合って時間を一緒に過ごし始めた当初から、「この人と友達になった」なんて思わないのである。

とある人が、「●●で一緒になった▲くんと、友達になったんだー」って言っていて、私はその時自分の定義で考えていたから、「へえー、そんなに短期間で誰かと友達になれるんだー」って感心したことがある。すごい超特急で二人で飲みに行ったり、悩みを打ち明ける仲になったんだなあ、って。
よく聞いたら、「ジムみたいなところでよく顔をあわせるから話すようになった」程度のことらしい。それは私にとっては、「友達」ではなく「知人」である。友人でもない。
人それぞれ「友達の定義」があるからいいのだけれど、このようにやり取りで取り違えることがあるから、ややこしいとは言える。「友達」の意味の範囲が広い人もいれば、私のように使い分けてとても狭い人もいる。

このようにいろんな定義の人間が混在する世の中だから、時々勘違いされる。
私が「知人」と思っている相手が、私のことを「友達」と思っている時。
「知人」に「友達」呼ばわりされた時は、かなり戸惑う。一度しか会ってないし。。。。しかも大勢で食事しただけだし。。。みたいな。

「友達がたくさんいる」って人は、すごく「友達」の垣根が低い人なのだろう。したがって、私は「友達」と呼べる人は少ない。少ないけれど、彼らは本当に友達だ。
私は友達が多いよね、と人によく言われる。多そうに見えるらしい。それは違う。多いのは「知人」や「友人」なのだ。

「友達って少なくていいよね」「友達ってあまり必要ないよね」と言う人とは気が合ったりする。価値観が同じだな、と。少なくとも、「友達が欲しい」「誰それと友達になりたい」と喘いでいる寂しい人間よりは、ずっと仲良くなれる。
「私は友達が多くて幸せだー」と叫んでいる人間ほど、深い付き合いは少ないはずだ。そうだ。私のことを勝手に「友達」と呼んでいた人が、「私は友達が多くて幸せだー」と言っていた人だった。

「友達になれる」というのは、「友達になろう」って目的を持って成し遂げるものではなくて、「結果」なのですよ。人間関係は、結果。
表向きだけの関係を狙う人は、「お友達」の数は増えど、中身の薄い関係しか築けない。友達を欲しがる人は、自信がないのかもしれない。自信があれば、自分が興味を持てる人と、その相手が自分に興味を持ってくれる度合いが同じになる。そうなれば、自ら「欲しい」と思わなくても、知らないうちにその人と友達になっているものだ。恋愛と同じで、一方的に「友達」と思っていても、向こうも思ってくれなきゃ関係は成り立たない。両思いでこそ、友達。

「友達」と呼べる人間、人生で数人でもいいと思う。「数人の本物」がいれば、「数百人の偽物」なんかを持つよりずっと幸せだ。


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト