Young the Giant/ヤング・ザ・ジャイアント

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 03.2017 音楽・ミュージシャン・ライブ撮影日記
youngthegiant1.jpg
Young the Giant @Huntington Park Pavilion on Sept. 9th, 2017 ヤング・ザ・ジャイアント

ドラマ「グリー」に使われた曲「Cough Syrup」で一躍世界的に有名になったロックバンド、ヤング・ザ・ジャイアント。

3週間前の9月9日にシカゴの野外ステージ、ハンティングトンパークパビリオンでのコンサート。
アメリカで30,000人が入る会場でコンサートができるというのは、かなり成功している、ビッグネームと言って良い。

この日の撮影は、滅多にない幸運であるが、バックステージにも入るパスをゲットできた。

badkstageyoung2.jpg

前座バンド終了で、ステージセット入れ替え中。
ベニュー(日本でいうライブハウス)だと、セッティングはミュージシャン自らやるのが当然だし、手伝うのはその店のサウンドエンジニア1人とか2人。
「ツアー中の大きなバンドはさすが違うなあ」と感じるのは、裏で働くスタッフの数。機材を運ぶトランクの大きさ。スタッフたちの手際の良さ。そして大きなトレーラーや移動バスの数や豪華さ。
それから、明らかにスタッフではない女の子たち。。。。スターに群がる男友達もいる。それと、ミュージシャンたちに挨拶にしにくる別のバンドのメンバーたち。これも豪華。


backstageyoung1.jpg

メンバーとスタッフが円陣組んで、これからGO!ってところ。
私はそろそろフォトピットに向かわなきゃ、ってところ。

このバンドメンバーたち、売れっ子なのにかなり感じのよい気さくな若者たちでして。
始まる前に、バックステージにいる私ともう一人のベテランフォトグラファーにきちんと握手を求めて挨拶に来てくれた。
私は、彼らの売れた曲しか耳にしたことなかったし、私ももうひとりのベテランフォトグラファーも、バンド名は知っていてもメンバーたちの各々の名前を知らなかったりする(笑)  
これでいいんです。音楽ライターではないので、我々の仕事はベストを尽くしていい写真を撮ること。それのみです。名前は後で調べればいい。
ロックのフォトピットにいるフォトグラファーたちの半分って、バンドのファンというパパラッチ的なのことがほとんんどだったりする。いい写真は撮れないけれど、彼らの愛情とパッションは人一倍、みたいな。 いえいえいえ、パッションは大事だけれど、いい写真を撮れなければフォトピットに入る意味はない。 職人みたいな真剣なフォトグラファーたちも、アーティスト側も、実はこのパパラッチ的な自称メディア人に困っていたりする。


youngthegiant2.jpg


一般にロックコンサートのフォトグラファーは、セキュリティの入るフォトピットにて最初の3曲を撮影できるパスをもらえるのが普通。
「たった3曲なんて」と思うフベテランォトグラファーも多いが、それでも大勢のこれらのファンの人たちが$50や$100や(アメリカのコンサートチケットやカバーチャージは、日本の1/4から半額)時に$300以上のチケット代を払って観に来ることを考えると、タダで入れてもらってミュージシャンの前の特等席で彼らを撮影できる立場はかなり特権だということを忘れてはいけないと思う。

大きなロックコンサートと、ジャズやブルースのコンサートの違いは、まずは、ミュージシャンたちへの壁の違いだと言える。
ジャズやブルースのコンサートは何万人単位の会場でやることはまずないし、ビッグネームで数千人、だいたい数百人から500人程度のベニューでやるのが一般。ベニューの規模の違いもあるが、観客とミュージシャンの距離は近いし、セットの合間にミュージシャンたちは気軽に観客と話したりもする。
フォトグラファーとミュージシャンの関係も同じである。


21616250_10155884222938081_3496241797884218323_n.jpg

売れたロックミュージシャンのコンサートになると、レコード会社もメジャーになってプロダクションも大きくなるし、メディアへの露出度が違ってくる。
熱狂的なファンたちも多くなり、ビッグネームにただ近づこうとするパパラッチの数も大きくなる。したがってセキュリティも厳しくなる。
スタッフの数もタイトルも多くなり、ミュージシャンへたどり着くまでの壁がいくつもできる。壁の数は、スターになっていくたびに増えていく。
ビッグネームを撮影しようとするありとあらゆるフォトグラファーも増える。ピットに入れるフォトグラファーの数は制限があるので、ベテランだって毎回パスをゲットできるわけではない。
私のように経験の少ない者は、そこが難関。売れっ子バンドのエージェントは、フォトグラファーの写真の良し悪しでなく、過去の経験、スタッフとフォトグラファーの付き合いの長さによって決まってしまうのがほとんどなので、そこに入り込むのは至難の技なのだ。

ただ諦めずに打診すれば、中にはきちんと写真の良し悪しで評価してくれるマネージャーや担当者もいてくれる。こういうところって、アーティストもスタッフも自分の著名度にあぐらをかかない人たちだなあ、って思ったりする。
結局は人と人なので。繋がりは小さな積み重ね。今はどこでもフリーパスのベテランフォトグラファーだって、最初は手探りで自分なりの道を切り開いていった。
コンサートフォトグラファーって、試験にパスしてライセンスを取るとか、合格したらタイトルもらえるとかそんな世界と正反対なので、ハウツー本もなければ雛形もない。
フォトピットにいるプロ達は、皆全然違うバックグラウンドを持っているし(私もかなりオリジナリティがある笑)、各人がそれぞれの道程を歩んできてここにいるわけだ。そんな人たちの「アドバイス」が、他の人の役に立たないのは当たり前。


21551648_10155884226253081_1692057107507839479_o.jpg



このバンドのエージェントは懐のでかいマネージメントをしているところだったので、なんとマネージャーは私にオールアクセスのパスをくれたのである。
バックステージはもちろん、ステージの後ろやサイドにも行けるステージアクセス付き。これは普通、同行しているツアーフォトグラファーとかにしか出ないパスなので、かなり稀なこと。
しかも特別に、3曲だけでなく1時間半のステージ全部の撮影を許可してくれた。
どんなジャンルのミュージシャンもそうだが、ロッカーは特に、3曲以降が盛り上がる。それなのに最初の3曲しか撮影できないなんて、本当は馬鹿げた規則なのだ。それをここのマネージャーに説得したら納得してくれたのだ。たまには論理が通じることがある。
そんなわけで、他の15名くらいのフォトグラファーが3曲終わってピットから出て行った後、私と他2人のフォトグラファー計3人はじっくりと撮影ができた。

まあ、こんなことは、大きなコンサートで滅多にあることではないと記しておこう。どんなに腕が良くてもメジャーなパブリシティでも、向こうがダメといえばダメなのだ。規則は規則なので従うしかない。
だからこれは特例なので、記念にブログに記しておこうと思った(笑)。


21616350_10155884223433081_4290279555212928777_n.jpg


5、6年前に、1500人程度のホールでコンサートをしていたこのグループが、今は30000人の会場で、何台もの大きなトレーラーやバスを連ねてツアーするバンドになった。
その前はもっと小さなベニューでやっていただろう。

その逆もある。10年前に30000人コンサートをしていたバンドが、今は1500人ホールで観られることも。ファンの増減もレコードの売れ次第。バンドメンバーが変われば離れるファンもいる。
次々と新しいバンドやサウンドが生まれる中、何十年と一つのバンドが一定の数のファンをとどめておくのは至難である。
それをきちんとわかっているメンバーたちが集まっているバンドは、いつまでも生き残れるのかなあ、とも思う。
30000人会場でできるようになっても天狗にならず(若者にはすごく難しいことだと思うけれど)、また逆に、大きな会場でやっていた後に中規模会場でしかコンサートができなくなっても腐らずに(一度天狗になっちゃった人はこれはプライドが許さない)音楽を続けられること。
ミュージシャンにとっての本当の成功って、コンサート規模の大小ではなく、この業界で長〜いキャリアを築いていくことだと思う。長くて細い成功ってなかなか難しい。

気さくなヤング・ザ・ジャイアントのメンバーたち。彼らは全然浮ついた感じしませんでした。
たまたまメジャーになってしまったけれど、そうでなくてもきちんと音楽やっていける人たちかと。伝えたいメッセージがはっきりしているからね。彼らの歌を聴くとよくわかる。
ボーカルのサミア、すごく上手い。とってもいいショーでした。
5年くらい前に超流行っていた「カフシロップ(コフシロップ)」(曲名)、よく聴いてましたよ。まさかあなた達に会えるとはね。
彼らの代表曲なので、観客大盛り上がりでした、さすが。


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
色々たくさんアップしています!



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト