月島

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 01.2018 東京散策
tsukishima172.jpg

月島。
月島歩いたのは、実に8年ぶりくらいなのかも。
最後に友達とここでもんじゃ焼きを食べたのが最後なのかも。もう8年も経ってしまったんだ。。。。速い。
そして、一度も月島散策日記をブログに載せていなかったのも意外。


tsukishima23.jpg

80年代のバブルの頃、「月島と言ったらもんじゃだよ」と言われて、電通マンに連れて来てもらったのが最初だった。
それまで月島なんて(なんて、と言ったら失礼だが、本当にあの頃は月島はよそから人が訪れるような場所ではなかった)名前は知っているが一体どこにあるのか知らない。。。。というのが一般の東京もんであった。(江戸っ子でも)。


tsukishima1721.jpg


当時電通本社が築地にあった(と言っても、若い人はピンとこないと思うが)。
接待で高級料理を食べ飽きた電通営業マン達は、隅田川の向こうの月島の裏路地の小さなもんじゃ焼き屋なんかを知っている方が通となり、これまた若いのにグルメし尽くして舌肥えたバブル学生を、「お前らもんじゃ焼きなんて食ったことないだろう」なんて言って月島くんだりまで連れて行ってくれたのだ。
「もんじゃ焼きはこうやって焼くんだぞー」と教えてくれた深川出身だとかいう電通のおじさん。(考えてみれば彼らもそれなりに若かったと思うが)、ありがとう。


tsukishima173.jpg

今では大江戸線が通って月島駅なんてある世の中だが、当時地下鉄なんてない月島は陸の孤島。
物好きは散策がてら歩くだろうが、わざわざ銀座築地方面から仕事帰りに歩いてもんじゃを食べに行く人は稀である。そしてもんじゃというものは、タクシーを使ってまで食べに行くような料理でもないところが非常に半端であった(タクシー代の方が高くつく)。
好んで行くのは、バンバンとタクシー代を経費で落とせる営業マン達なのである。

tsukishima24.jpg

。。。。というわけで、私の月島もんじゃデビューも、そんなタクシーバンバン使う営業マン大人友達のおかげ。当時はもんじゃ焼き屋も数件しかなかったし、もんじゃの後に飲んで帰るような洒落た店も近くにない。またタクシーで銀座に戻り、オサレな店で飲み直す、ということをしていたわけだ。

tsukishima178.jpg

でも私が月島をこよなく愛するようになったのは、一人で散策をするようになってから。
特に海外で暮らすようになってから、一時帰国で月島を訪れると、人がやっと一人歩けるくらいの細い路地に惚れまくった。
私が暮らした(今も暮らしているが)海外は、オーストラリアやアメリカと、なぜか体が異常に大きな国民のいる国なので、「肥満はこの路地歩けないぞ」と、いま暮らしている国の哀れな不健康体を憐れみ嘆きながら。。。


tsukishima175.jpg

月島のもんじゃ焼き屋は年々増えており、観光客の数もかなりおり、今回は外国人ツーリストがかなり目立った。
中国韓国からのアジア人、ヨーロッパ人。。。。などなど色々。
月島は立派な観光地になったもんだ。大江戸線のおかげでもあるよ。


tsukishima171.jpg

もんじゃ焼き屋の外には無料で使えるファブリーズなんかも用意されていて。前はなかったサービス。
月島はもんじゃ焼きで町おこし大成功。ここまで上手く行くとは思っていなかったが、かれこれこの町おこしで数十年。定着したから素晴らしい。


tsukishima174.jpg

もんじゃ焼きよりも、私が月島で好きなところは路地裏なのだが、こういう路地裏がそのまま残れたのは、もんじゃ焼き町おこしのおかげだと言っていい。
ありがとう、もんじゃ焼き。でなけりゃ、月島のここら辺も、今頃タワーマンション立ちならぶ通りだったはず。


tsukishima176.jpg

長屋もかなりの確率で残っている。

tsukishima177.jpg


tsukishima1710.jpg

出たね、狸。月島狸。
これ結構気になる。
日本の不思議な動物キャラクター文化は、この狸とかが基本にあるんじゃないかなあ。
愛嬌ある顔で和ませる文化。愛嬌あるキャラクターで和んでしまう文化。
日本のキャラクター文化、役所や都バスのシートで見たりすると、なんか場違いな気がして気になって気になって仕方なくなるのは私だけでしょうか?
こんなところにキャラが必要なのか???と、帰国のたびに目が行くのも日本のキャラクター。


tsukishima179.jpg


tshukishima22.jpg

新しい猫グッズの店。
谷中が猫の多い町なので、猫キャラ、猫グッズ店がかなり定着。谷中は猫の町のイメージで成功したが、月島に猫は無理があるような。
野良ちゃん、いないことはないけれど。


tsukishima27.jpg

そうそう、月島には畳屋さんが多いのだ。そこも好きなところだった。
だけど、もしかしてこの畳屋さん閉店しちゃった?シャッターが閉まってる。。。。。


tsukishima25.jpg

畳屋さんがある町というのは下町の風景で、しっかりとそこに昔ながらの生活が根ざしている証拠でもあった。
それが一軒一軒消えていく。
近所に建つタワーマンションは町の人口は増やしてくれるけれど、マンションに和室は無いからねえ。
時代の変化は誰も止められない。残るのは畳屋の看板のみ。。。


tsukishima26.jpg


月島は、地下鉄開設とツーリスト増加のおかげで、もんじゃ焼き屋の後に入れるようなサレた飲み屋もたくさんできた。
タクシーで銀座で飲みなおさなくてもいいのだよ、もう(笑)
月島にもあったな、メロンパン店。買って食べました(笑)。まあ、普通に美味しいメロンパンといったところ。もうちょっと「身」があってもいいような。最近の流行りなんですかね?外はカリカリ美味しいけれど、中は結構スカスカ、みたいなの。お腹空いた時には、ちょっと足りません(笑)


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
色々たくさんアップしています!



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト