浅草

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 02.2018 東京散策
asakusa187.jpg

浅草。

浅草の駅で降りてこの町にやってきたのでは、浅草の本当の魅力はわからない、と私は思っている。
駅で降りれば、そこはすでに明るい華やいだ浅草が広がっているのだから。

浅草の北部、できれば荒川区との区境からテクテク歩いて来ると、浅草の本当の魅力に出会える。
東東京における、この浅草という町の歴史や意味や価値がじわじわとわかる。


asakusa182.jpg

泪橋から、山谷に入る。
ドヤ街を歩き、次は吉原のソープ街を歩く。そして裏浅草。

きれい事では無い人間の欲望の吐き出しを受け止める場所。
江戸時代から都市部の表には出したくなかった影の部分を背負う場所。
光に対する影。

影から入らないと、光もよく見えない。
光の存在の意味を感じるには、影の存在理由を感じてからの方がいい。


asakusa1810.jpg


浅草駅で降りて雷門から入ったのでは、当たり前に浅草が目の前に現れてしまう。

北から歩くと、段々じわじわと、人の賑わいや豊かさや明るさ(それが表向きのものであっても)が、手に取るように体に入って行く。
人が浅草に求めるもの。浅草に期待するもの。浅草であってほしいもの。その「浅草」が見事にじわじわと姿を現す。

どこか安っぽかったり、垢抜けしない浅草。それでいい。
高い夢じゃないから庶民が買える。それを叶えてくれる街。


asakusa181.jpg

近年、浅草にはレンタル着物屋が増えてきて、短時間着物を着て浅草巡りをするツーリストが増えている。
よく見ると日本人ではなくて、中国や韓国の人が多いのだが、着物着ちゃえば日本人に見えて(笑)、違いのわからない欧米人を喜ばせる。

レンタル着物、いいアイデア。
着物姿の人が歩いてくれるだけで、絵になる浅草。
安物でもいいのだ、華やかであれば。

これいつか、私も着て浅草歩きたいなあ、って思ったのでした(笑)


asakusa183.jpg

裏通りで、ゴシゴシタワシで掃除している可愛いお姉さん。
惹かれます、この手の女の子。


asakusa185.jpg

世界中(特に欧米)の街の「観光度」を測る私なりの物差しがあるのだが、それが「馬車」。
馬車があるところは観光度が高い。
浅草は人力車。いつの頃か観光用に始まり出して、外国人ツーリストが多くなってから一気に増加。
雷門あたりでの呼び込みがすごくて辟易。
歌舞伎町の呼び込みだって大人しくなっているというのに。


asakusa184.jpg

"Englishman in New York"ならぬ、イングリッシュマン・イン・浅草、といった感じ。
うどんを美味しそうにすすってました。


asakusa1815.jpg

大衆劇場前。
ちょうど芝居が終わって役者さんたちがお客様に挨拶。

この手の宝塚的、大衆劇場特有のメーク顔がかつて苦手だったのですが、最近受け入れられるようになってきました(笑
些細な事でも、受容範囲が広がった自分を知ることは嬉しいことです。


asakusa189.jpg

しかし役者さんたちは大変。長い列のおばさんファンたちに握手、写真撮影、トークを永遠に繰り返す。
お客様は神様です。のサービス精神は、こういうところから養われるのでしょう。

近所の蕎麦屋や食堂では化粧落とす前の役者さんたちが食べている。
地域で支える芝居小屋。ああ浅草。


asakusa188.jpg

昔、まだ私が学生の頃、バイト先のおじさんたちと一緒に浅草寺裏の洋食屋さんに行ったことがある。
おじさんの一人の学生時代の同級生だとかで、夜遅くすでに閉店している店に、6人くらいでいきなり押し寄せたのだ。

おじさんの友達の主人は我々のために、美味しい洋食やデザートを作ってくれた。
入っている器がとてもレトロで、昭和そのものでとても懐かしかった。

調子に乗ったおじさんたちは、ご主人にギターを弾かせ、フォークソング大熱唱。ご主人もノリノリになってきて、閉店後の洋食屋は時代遅れのフォークソングが鳴り響く異様な空間になった。

あの洋食屋さんどうなったかな、と思っていたら、どうやら数年前に閉店されたらしい。


asakusa186.jpg


浅草もいろんな人とのいろんな思い出あり。

今回の帰国の最高の浅草の思い出は、友人らと浅草はずれのコスプレカラオケ屋で、昭和歌唱を熱唱した事でしょうか(笑)
非常に浅草らしい夜でした。友よ、どうもありがとう。


asakusa1811.jpg


時間に追われるように、東京日記を書きなぐっている最中ですが、乱筆乱文おゆるしを。
毎度その場で感じていたことを、メモしておかないと忘れてしまうんですよ。
自分の言動も最近覚えていないですからね。。。。ヤバイヤバイ。


asakusa1812.jpg


じっくり歩くと台東区だけで東京滞在が終わってしまうほど濃い区なのですが、今回は台東区はさらっと流しました。

浅草さようなら。また次回。

料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon



スポンサーサイト