FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサート・2018年5月

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 20.2018 音楽・ミュージシャン・ライブ撮影日記
Suzanne Vega
Suzanne Vega @City Winery Chicago 5.6.2018

5月のコンサート撮影まとめ。印象に残ったものをピックアップします。
まずはスザンヌ・ヴェガ。
大ヒットした"Solitude Standing"と”99.9F°"の2枚のアルバムを最初から順番通りに演奏するというライブ。
あれから30年以上の月日が経つというのに、印象の変わらないスザンヌ・ヴェガ。脅威。とても美しく、いいライブだった。 ファインダーを通して何度も目が合うという。。。結構カメラ目線をバシバシ送ってくる彼女は意外でした(笑)。


ike1.jpg
Ike Willis at Evanston Rocks 5.5.2018


アイク・ウィリス。フランクザッパが亡くなるまでザッパのバンドにいたギタリスト。
もういいおじさんですが、ギターの迫力は健在。


cali honeydrops4
The California Honeydrops at Concord Music Hall 5.11.2018


日本では知名度の低いカリフォリニアハニードロップス。
ニューオーリンズスタイルの、ブルース、R&Bグループ。いやー、楽しいライブだった。これはめっけもん、といった感じ。知らない方は是非視聴をお勧めします。


Arturo Sandoval 1
Arturo Sandoval at Evanston Space 5.16.2018

アルトゥーロ・サンドヴァル。キューバ出身のレジェンダリーなトランペッター。
彼の演奏を間近で聴けるだけでも幸せですが、近距離撮影で迫れたことも幸運。サンドヴァルは陽気な方で、トークも面白い。


sadi.jpg
Speedy Ortiz at Subterranean 5.12.2018

マサチューセッツ出身の4人組インディロックバンドのスピーディー・オーティズ。
このSadie Dupuisがリーダーですが、彼女は単なる可愛子ちゃんではなくギターが上手い。今後の人気上昇に期待。


Jim Peterik of The Ides of March
The Ides of March at City Winery Chicago 5.3.2018

アイズオブマーチといえば”ヴィークル”。”ヴィークル”のノリノリ曲で最後を締めましたが、フロントマンのジム・ペトリックは「サバイバー」を作った人。
アンコール曲は”ヴィークル”を上回るパワーの”アイ・オブ・ザ・タイガー”でガンガンの締めでした。ジムは途中で衣装も変えてくれるし、ビジュアル的にも楽しませてくれる。流石のエンターテイナー。


BJ Barham of American Aquarium
American Aquarium at City Winery Chicago 5.28.2018

アメリカン・アクオリアム。このバンドも日本ではあまり知られていないことでしょう。
オルタナティブカントリーというか、アメリカーナ。この手の音楽大好きです。撮影前に彼らの音楽チェックしていてファンになったのだけど、ライブ観てもっと好きになった。


pallbearer5.jpg
Pallbearer at Metro 5.13.2018

ドゥームメタルバンドのポールベアラー。このギタリスト、ブレット・キャンベル目当てで撮影。個人的にギタリストが好きですねえ。。。彼はもっと評価されてもいいと思う。


obituary.jpg
Obituary at Metro 5.13.2018

デスメタルのオビチュアリー。
デスメタルの創生期のバンドで、この世界では大御所。
この週は結構忙しく、週末最後の日曜日にメタルバンド4つ撮影という。。。。。 ずーっとジョギングしてきて疲れてきたな、と思ったところで500mを思いっきり4本走った感じの1週間の締めだった。流石に疲れた。久々にメタル撮影も気分が変わって楽しいが、きついスケジュールの時にやるものではないと実感。


ad441
Arrested Development at House of Blues Chicago 5.23.2018

5月で一番「楽しかった」のは、アレステッドディヴェロップメント。
90年代、彼らのアルバムよく聴いてたなあ。昔シカゴでよく聴いてたグループを、シカゴで撮影する機会があると感慨深い。
スピーチは相変わらずスピーチで、カメラ目線サービスもバッチリ。「撮影どうもありがとう」って、きちんとお礼もしてくれるし、爆発的に売れたスターとは思えない謙虚な姿勢が好印象。
ステージも楽しいし、撮影もめちゃくちゃ楽しかった。


。。。。と、6月も後半になってから5月を慌てて振り返ってみた。スザンヌ・ヴェガからデスメタルバンドまで幅広かったな(笑)。
今後もジャンルの垣根を超えて色々と撮っていきたいと思います。
実は5月は忙しすぎて、気候の変化も激しく、疲れからか風邪をひいて3日間寝込んだ。それが唯一の休みだった。やっぱり程々にしないといけないことを悟った5月でした。


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。