FC2ブログ

コンサート・2018年7月

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 12.2018 音楽・ミュージシャン・ライブ撮影日記
bacon1.jpg
The Bacon Brothers @City Winery Chicago 7/12/2018


前回の更新からあっという間に2ケ月以上の月日が。。。。ご無沙汰しております。
もう9月半ばになってしまいましたが、過去に遡り、7月のコンサート写真を。印象に残ったショー10点選択。

まずはベーコン・ブラザース。
かの俳優ケヴィン・ベーコンとそのお兄さんが率いるバンド。
なんせ私はフットルースの頃からケヴィンのファンで。。。熱狂的というほどではないのだけれど、彼は年取るほどに良さが増してくる俳優でして。キュートな顔と低音ボイスのギャップもいい。50過ぎて革ジャン、ジーンズの普段の格好のケヴィンを見たときは、「この歳でこんな格好が似合い人はプラピとケヴィンとジョニーデップしかいない」と思った(笑)。
まあまあそんな話はさておき、このベーコンブラザースの音楽もいいんですねえ。このレベル(ハリウッドにおいてトップレベルクラスの俳優)たちって、とてつもない才能を持った方達が実は多い。我々はその一面しか見る機会がないけれど。
もう映画で十分貯蓄はできたし、これからは好きなことをのんびりやる時間も欲しいなあ。。。。なんていう余裕からか、若いときにやっていた音楽活動を始める俳優たちも少なくない。音楽やっているケヴィンはとても楽しそうで、そんな姿を見れてハッピー。
この少し前に彼は60歳の誕生日を迎えたのだけれど、とても60には見えません。丈の短いTシャツが、腕をあげるたび上がってチラチラとお腹が見えるのだけれど、綺麗な腹筋は30代かと思えるほど。カッコいいです。ますますファンになりました。


aimee1.jpg
Aimee Mann at Millennium Park 7/30/2018

シンガーソングライター、エイミー・マン。
実力者ですね。一度は彼女のステージ見たいと思っていた。ちょっとミシェルファイファーに似ている。


sonny1.jpg
Sonny Landreth at City Winery Chicago 7/27/2018

去年の秋、このひと月前の6月にもブルースフェスでサニー・ランドレスを見ましたが、何度観たっていいです、彼のギター演奏。
本当に素敵。
一般受けするのがクラプトンならば、玄人受けするのがサニー・ランドレス。もっと評価が高くてもいいのに、そんなことはどうでも良いと、マイペースな職人肌なサニーの姿もかっこいい。


Howard Jones2
Howard Jones at City Winery Chicago 7/9/2018

一世風靡したエレクトロポップのキング、ハワードジョーンズ。
相変わらずポップ。足腰も軽い。楽しいステージでした。


clinton2.jpg
George Clinton and Parliament Funkadelic at Taste of Chicago 7/15/2018

ファンク界の王者、ジョージ・クリントン。
もう77歳で、そろそろ引退ということなので、これが最後かも。


lebutcherettes1.jpg
Le Butcherettes at Taste of Chicago 7/14/2018

無名な中で強烈な印象を与えられたのがLe ButcherettesのTeri Gender Bender。
メキシコ出身のガラージパンクバンド。彼女の迫力、ショーガール魂。前座とは思えないステージ。
パフォーマンス中は恐ろしいほどの迫力だったけれど、終わるとすっごい可愛い笑顔を振りまいて挨拶に来てくれたのもこれまた魅力。目が離せないバンド。


flaminglips1.jpg
The Flaming Lips at Taste of Chicago 7/14/2018

ザ・フレーミング・リップス。
彼らのステージが楽しいことは期待通り。大きな風船、電飾の馬、巨大ロボット。。。。
この風船、前座バンドが演奏中から用意されていたのだけれど、途中でスタッフがバンバン割っちゃって、ステージ裏で急いで膨らませて準備していたのも印象的でした。
そしてこの風船をパフォーマンス中に観客席に飛ばすのだけれど、それがフォトピットにもバンバン飛んでくるので、それを飛ばしながらの撮影は結構大変でした。
フロントマン、ウェイン・コインのパンツの股が破けていて足を上げた時に目の前にいると分かってしまうのだけれど、彼の名誉のためにその写真は載せません(笑)  出演前に衣装チェックしてくださいねー。


blackstar1.jpg
Black Star at Taste of Chicago 7/13/2018


ラップデュオ、ブラックスター。これはYasiin Bey (Mos Def) 。
モスデフ、改名したけれどモスデフで覚えちゃってるのでこれでいいわ(笑)
彼は俳優としても活躍しているけれど、スクリーンの中の印象はもうちょっと背の低いイメージでした。。。。が、そうでもありません。スタイルのいいカッコいい方でした。


carbon1.jpg
Carbon Leaf at City Winery Chicago 7/7/2018

カーボンリーフ。
日本ではほとんど無名でしょうが、アメリカーナのバンド。
オススメです。最近本当に、アメリカーナのバンドが熱いです。ルーツを見直す若いバンドが増えていることはいいですね、決して昔に戻らず、前進しているのですが。
こういうグループに出会えることも、この仕事していてよかったなあ、と思えることの一つです。


buddybd1.jpg
Buddy Guy at Buddy Guy's Legends 7/31/2018

最後にバディ・ガイ。
彼の82歳の誕生日記念パーティ。
今年何度もバディに会っておりますが、何度会ってもレジェンドはレジェンド。
82歳とは思えぬ衰えない声を披露してくださいました。
バディに気軽に会えるのも、シカゴ生活ならではなのだと思っております。

以上、急いで7月のトップ10を上げてみました。
引き続き8月もやらねば。。。。ですね。


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon


スポンサーサイト