寒さに負けず。。。

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 09.2010 雪・冬景色
pla11.jpg


朝の公園。 遊具も雪に埋もれて、子供の姿も無し。
雪はいいのだが、この日はとても寒かった。 マイナス15℃くらいだったと思う。


pla22.jpg


pla33.jpg

真っ白な中で赤い実が目立つ。

沢山綺麗な鳥が食べに来ていたのだが、望遠レンズを持っていなくて撮れなかった。
レンズがあったとしても、マイナス15℃の中、分厚い手袋はずしてレンズ交換なんてしたくなかったが。。。


pla44.jpg


とにかく寒い。湖岸は特に寒風がきつい。
だけどキレイだからついつい歩いてしまう。


pla55.jpg

ビーチバレー用のネット。
砂場でバレーするのだったら、雪の中でも出来そうだが。。。。(笑)

シカゴの冬は、完璧な防寒をしないとまず外を歩けない。 ファッション製の高いお洒落なダウンコートなんて全く役に立たない。
アウトドア用のアイテムはよく出来ている。雪山用のタイツやインナーシャツ、コートや帽子を揃えれば大丈夫。。。。だが、それでも暖かくはならない(苦笑) 何とか外に出れるかな、といった感じ。


pla66.jpg


冬は色々と身に付ける物が多くてイヤになる。
雪中散歩の時は、分厚いロングのスノーブーツ。これはマイナス30℃まで対応してくれるので、これを履けば足が凍えることは無い。

それからマフラーに帽子、耳当て。
そして手袋はレイヤーにして2枚。
まず薄めのインナー手袋をして、その上に分厚い手袋。2枚の間に、ハンドウォーマー(揉むタイプのホッカイロ)を入れる。
このホッカイロが無いと、とてもじゃないと手がかじかんでシャッターなんて押せない。
しかしこのホッカイロを入れても、手のひらは暖まるが肝心な指が凍える。大切なのは指なのだ!!
手袋の指の間に入る細めのホッカイロがあるといいなー、と毎冬思う。

気温がここまで冷えると、カメラの電池がすぐ無くなる。
電池交換は至難の業(笑) 
分厚い手袋をしたままだと作業出来ないので、仕方なく手袋をはずすが、薄い手袋だけになるともう手が凍えて痛くて大変。
だから冬は、新しい電池を使うに限る。なるべく長く持つように。それでも途中で無くなるんだけど。。。。


pla77.jpg








スポンサーサイト