Christkindl Market

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 14.2010 クリスマスシーズン
ck11.jpg


毎年クリスマスの時期、シカゴの街にやってくる大きなクリスマスマーケット。
ドイツやオーストリアなど、ヨーロッパからの店の屋台が沢山。


ck22.jpg


食べ物の屋台も沢山で、プリッツェルや焼きリンゴ、ドーナツやwurstと呼ばれるドイツ風ホットドッグ(?パンの中にソーセージが詰まっている)などなど、食べ物の匂いがいっぱいでついついお腹が空いてしまう。


ck33.jpg


飲み物は、といえばホットワイン。寒い夜にはこのホットワインを片手に歩く。
ノンアルコールだとやっぱりホットアップルサイダー。
アップルサイダーとは加熱処理をしていないアップルジュースのことで、これにシナモンを加えてホットにしたもの。体がすごく温まる。


ck44.jpg


マーケットの品々はさすが主にドイツの物だけあって、手作りの伝統工芸品が多い。
ガラスのオーナメント一つにしたって高級だし、木製品だって美しいだけあって高い。
あれもこれも沢山買えるものではない。

日本の家族用に、よくここでクリスマスの贈り物を探す。
自分用には贅沢だけれど、プレゼントに最適な物が見つかる。


ck55.jpg


この日も何か探しに行ったのであるが、週末ということもあり、12月に初めて0℃を上回り(と言っても、夜はマイナス3℃くらいだったが)シカゴにとっては暖かい夜であり、ものすごい人出であった。

人ごみにすっかり弱くなってしまった私は、人人人。。。の中で物を見る気も失せ。。。。「また出直そう。。。」と思ったのであった。
マーケットに来るなら、平日の夜(あるいは昼)が一番かも(昼間は雰囲気でないけれど、少なくとも空いているであろう)。


ck66.jpg















スポンサーサイト